最近結婚した30代ハケンOLの、いつ更新されるか分からない気まぐれ日記♪


by Y-jou

<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いい日、旅立ち♪


f0020008_10181973.jpg
2日早くGW突入のワタクシめ、明日から旅に出てまいります・・・。
練りに練った計画が全て遂行できたら、かな~り面白い旅になるはず!!
帰国報告に乞うご期待でございます。

ではでは、皆様もよいGWを!!
[PR]
by Y-jou | 2006-04-26 10:13 | 旅の話
f0020008_22112288.jpg

先日日記に書いたメリーさんの映画、フジコ姐さんと見に行ってきました。

もうねー、映画館からしてまさにレ・ト・ロ。温泉町の劇場の様な風情でして。上演開始のブザーの「じりりりりりりーーん」という音も昭和臭ばっちり。既にこれから見る映画の中に吸い込まれる様。

映画はノンフィクションのドキュメンタリー映画。だからストーリーに沿って進んでいく、というよりはどちらかと言うとNHKなんかのドキュメンタリー番組の様に、メリーさんゆかりの人たちがメリーさんにまつわる思い出やエピソードを語っていく。それと同時に終戦直後という特異な時代の横浜の様子なんかを、正にその時代を生き抜いた人たちが証言していく。わたしにとってはちょっとおしゃれな「商店街」だったイセザキモールが、60年前には米軍に接収されていて、進駐軍の軍人あふれる町だったってことは、話には聞いていたけど実際に昔の映像を見て改めて実感した。これほど出てくる映像の現場がどれも見覚えある映画っていうのも、今まで無かったかも!!

当時今のイセザキモール沿いにあったという「根岸屋」という店。相当大規模な店だったようで、1階にはカウンターやいくつもテーブルがありその奥にはステージがあり夜な夜なジャズのライブ演奏なんかもあったらしい。当時の白黒写真に写る日本人女性と軍服姿のアメリカ人男性を見て、ふっと今の(といっても最近全然遠のいてるけど(笑))ドブ板のバーなんかを思い出してしまった。でも戦後の彼女たちは、彼ら進駐軍人を相手に商売をし、生計を立て、そこから違う感情が芽生えてしまっても、彼らが本国に帰るときには横浜の大桟橋でお別れを言わなければいけなかった。メリーさんにもそんな人がいたらしい。もしかしたら、いつか彼が帰ってくるかもしれない、と思い続けて横浜から離れられなかったのかもしれない、と証言する人もいた。

最後のシーン。映画制作時すでに横浜を離れ、故郷に戻っていたメリーさんが笑顔で、そして素顔で、そこにいた。カメラが移動してそのメリーさんの姿を捉える寸前、すっごく緊張してしまった。「メリーさんがいなかったらどうしよう」とか「いてもあまり幸せそうじゃなかったら・・・」なんて考えたら妙にドキドキしてしまった。でもカメラが止まり、その中心に笑顔の彼女を捉えた瞬間、スルスルーっと涙が流れてしまった。なんていうか、「ああ、メリーさん元気で、幸せそうでよかった」って感じで。泣かせ狙いのハリウッド映画にもよく泣く私ですが(笑)、ああいう感じで気づいたら顎まで涙がぼろぼろ流れてきてたってのは、初めてかも知れない。

別に個人的に親しかった訳でも、言葉を交わしたことがあった訳でも、しょっちゅう見てた訳でも、もちろんない。でも、たった2度見かけた時も不思議と「怖い」とか「げっ」とか思わなかった。メリーさんは完全にそこの風景の一部だった。わたしは「噂のメリーさん」をついに見ーっちゃった!!みたいな気分だった。そんなメリーさんが決して満たされたとは言えない横浜での生活を去り、故郷に戻ってあんな笑顔を見せていたのを見て、他人ながらホッとしてしまった。

メリーさんの数十年間を思うと、ちょっと切ない思いがして単純な「ハッピーエンド」とは言えないかもしれない。でもわたしにとっては、あの最後のメリーさんの笑顔を見るだけでも1800円の価値が十分あったと思う。

いきなり見てもすごく興味深い映画だけど、わたしは見に行く前にいくつかメリーさんについてのウェブサイトを見て行ったので、限られた時間に編集された映画の内容以上の背景がすごく分かりやした。参考までにリンクはっつけときます。興味のある方はぜひ見てみてねん♪

それからこの映画、伊勢佐木町のニューテアトルとあと新宿でも見れるみたいだけど、できれば伊勢佐木町で見て欲しいな。終わって映画館を出たそこが、今まで見ていた映画の場面と同じ場所、ってすごいリアリティーを感じれると思うから。

都市伝説・メリーさんの真実
港のメリーさん
[PR]
by Y-jou | 2006-04-19 22:45
ハマッコだったらきっと誰でも知ってるはず。
いやいや、もう本やお芝居にもなってるし、既に全国区か?

メリーさんの事は子供の頃からオヤジ(同じくハマッコ)や他の人からも聞いてはいたけど、実際にこの目で見たのは確か高校生の頃。中区の高校に通ってたわたしはよく石川町・関内・横浜あたりに貧乏臭くバスを乗り継いで(そっち方面へのJRの定期は持ってなかったのら~)行っては友達とブラブラしていた。そんな学校帰りだったか、週末だったのかは忘れたけど、伊勢佐木町の松坂屋の前に、彼女はいた。

小学校時代に大流行して社会問題にまで発展した「口裂け女」に代表される「都市伝説」の一つくらいにしか思ってなかったメリーさんが、目の前に実際に立ってたんだから、こりゃびっくらこいた。だって口裂け女はさすがに実物を見ることは無かったからね。

噂どおりの風貌。顔はもちろん、手や足首など見えるところの皮膚は全て白塗り。(うちの母様曰く「耳の穴の中まで白かった」ってどうやって見たんだ?一体・・・)レースのカーテンみたいなフリフリの白いドレスで髪も白髪。アイシャドウが真っ青だったのを良く覚えてる。とにかく、生身のメリーさんが目の前に実在した、ってことで少なくともわたしにとってメリーさん伝説はただの「都市伝説」では無くなった。

その後数年して、わたしは横浜駅そばのとあるデパートで働いていた。昼休み、ご飯を食べ終わって噴水があるそのフロアを何の気なしに歩いていたら、メリーさんに遭遇した。どうも、そのデパートにはよく来ていて、一部の売り場の店員さんたちは慣れっこだったらしい。それがわたしがメリーさんを見た最後だった。もうかれこれ10年以上前だ。

その後、年老いたメリーさんは施設に入った、とかもうこの世にはいないのでは?なんて噂が飛びかった。わたしが見ることが無くなっただけでなく、誰もがその姿をこの横浜の街で見ることがなくなったからだ。

そんなメリーさんの映画が封切られる。タイトルは「ヨコハマメリー」。新宿と日の出町の小さな映画館でそれぞれひっそりと上演されるらしい。いかにもメリーさんらしい気がする。

わたしも生まれ育った横浜の歴史を垣間見に、出かけてみたいと思ってます。
[PR]
by Y-jou | 2006-04-14 12:46 | むかしの話

イバラのマフィン道

f0020008_16321594.jpg

マフィン。
こいつは奥が深いですな・・・・・・・・・・・。

最近わたしの中で、焼き菓子熱が燃え盛ってて、クッキー・パウンドケーキ・マフィンなど、日々アレンジを加えて焼きまくっております。朝ごはん用は起きぬけに作ってみたり、仕事から帰って夜ご飯後に突如焼き始めたり、はたまた明日会う友達や家族に渡そうと突如深夜焼き始めたり。もう留まる所を知らない訳ですよ。

焼き菓子ってのは、焼き立てを見たらもうー食べずにはいられない。それが深夜近くであってもです。ひじょーーーーにキケンです!!(テレンス・リー風で)
ここ1、2ヶ月くらいで作ったのは・・・

ほうれん草とチェダーチーズのマフィン
カシューナッツバターのマフィン
モラセスとチェダーチーズのマフィン
ヨーグルトチーズケーキ
アマレットパウンドケーキ
イチゴのしっとりクッキー
緑茶のかりかりクッキー
チョコレートスフレ
アプリコットスフレ

こんなとこかな。作りすぎ、っつー・・・・・。
チーズ系はやっぱりウマイ。太るものは美味しいです。(がーん)
ヒマに任せてネットで色々探ってると、特にマフィンでおから入りとか豆腐入りとかでカロリーカットしつつしっとり美味しそうなのが多い。

ちょっとこれからヘルシーマフィン道を極めるべく、研究してみます☆
[PR]
by Y-jou | 2006-04-13 16:42 | 美味しいもの

春の味わい

今日は早めに起きて、横浜まで40分かけて歩いてきました!!しかし駅直前で靴擦れ・・・。

お昼に東京のお友達宅へ行く母様が美味しいお菓子を横浜で仕入れたい、というのでタカシマヤにてお買い物コンシェルジュよろしくご案内。

叶匠壽庵の生菓子。前回焼き菓子を買いに行った時にわたくしの目がキラ~ンと光ったその品々。母様も「こってりケーキもおいしいんだけどさぁ。年取ると、っていうかご飯の後には辛いんだよね~。」とのことなので、叶匠壽庵でスイーツ購入。どうやらこのスイーツちゃんたちは和ザートという名称のよう。この名称はともかく・・・・。(笑)どれもこれも季節感タップリ、おいしそう。私はお供の駄賃代わりに三宝柑わらびという一品を買ってもらった。
f0020008_14313025.jpg

名前の通り三宝柑の果汁&果肉をワラビ餅のわらび粉で固めたお菓子。ゼリーとも違ったもちもちフルフルの食感がタマランよ、タマラン!!甘さも控えめ、三宝柑の味がすごく活きてる。ああ、日本人でよかったよ・・・。

お供は
f0020008_14345785.jpg

同じく横浜で仕入れたさくら焙じ茶。もちろんレピシエにて☆いやいや、ルピシアだった。(まだ間違えているらしい)うーん、春の香り。

おまけ。
f0020008_14555466.jpg

ランチはこちら、パンプディング。と言っても甘いヤツではございません。先日お気に入りのパン屋さん「ブレドール」で買ったはいいが顎関節症で食べれなくなったフランスパンにソーセージが入ったやつ。これを無駄にするわけにはいかん!ということで、昨日からプリン液に浸けといた。砂糖を入れない代わりに挽きたて黒胡椒とハーブソルトを適宜。そこに細かく切った小松菜を混ぜ、上にチェダーチーズをペロンと載せてオーブンで焼いてみた。こりゃ簡単で、野菜もとれるしなかなか美味しい☆野菜はブロッコリーやアスパラでも美味しそう。

おまけのおまけ。
f0020008_14561858.jpg

横浜への道すがら、新田間川沿いでさくらハケーン。
来週末にはもう散っちゃってるのかな~。
[PR]
by Y-jou | 2006-04-01 14:58 | 美味しいもの