最近結婚した30代ハケンOLの、いつ更新されるか分からない気まぐれ日記♪


by Y-jou

<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

行き倒れ

f0020008_1017166.jpg

冬暖かかった我が家は、この時期外より大分暑いのだった・・・。
しかたない、いい加減エアコン買わないとダメだな。
[PR]
by Y-jou | 2006-05-31 10:17 | 猫様
わたしは土曜日、家族サービスで東京に行ってきました~。
まず11時前到着を目指して丸ビルへ・・・、そう。内容は正に3月23日の日記と同じコースマンゴーツリー東京2階建てバスツアーサダハルアオキでお茶、でございました。

しかし、土曜日の午後ったら東京近辺は雨。そしてわたし達が乗った2階建て観光バスは屋根無し!!散々迷ったものの、「ちょっと小降りだし、いーよねー??」と強行することに。バス会社から提供された、ビニールのゴミ袋を改造した様な簡易レインコートを着込み、いざ出発・・・。
わ~お、走り出したら風も吹き込む雨もなんだかすごい事に!!なんとかレインコートのお陰でびしょぬれにはならずに済みましたが、信号で止まるたびに外の人々がなんとなく「よく乗るよな、こんな日に」と嘲笑されているように見えなくもない、そんな小一時間でございました。

その後は帝国ホテルプラザでちょっとお買い物後サダハルアオキでお茶。雨でくたくただったので写真は取り忘れましたわ。ま、どれもこれも大変美味しかったんですけどね。マンゴーツリーにしてもサダハルアオキにしても、おしゃれなお店ながら、子供連れにもやさしいお店でしたわ。マンゴーツリーはビュッフェ用の白い四角いプレートも大人サイズより少し小さめの子供サイズがあったし、サダハルアオキでもちゃんと子供用の小ぶりなフォークが出てきて、ちょっと感激でした。

で、〆のお店はサダハルさんの店から駐車場挟んでお隣の高級チョコレート屋さん、La Maison Du Chocolat。一度行ってみたかったのです~。今まではちょっと重厚な店構えにややびびって(というより、ケーキ食べた後でお腹一杯だったとも言う)お店に入ったことすらなかったけど、今日は「絶対買う」と朝から鼻息荒く語ってた通り、お店に入ってみた。

f0020008_13375440.jpg戦利品1:オレンジピールとドライドアプリコットにダークチョココーティングしたもの。おいしいよ、おいしい!!甘すぎず、苦すぎず。4歳児がダークチョコ食べて「もっとちょうだい。幼稚園生は苦いのが好きなの!!」と言ったほどのウマさです。Webサイトによると「紅茶に合います」とのことだけど、速やかに車中にて平らげる。(もったいないではないか・・・)

f0020008_13381765.jpg戦利品2:ショコラドリンク。これでたった5杯分。牛乳と水を混ぜて暖めたところにこの粒々チョコを溶かして飲む。濃い~~!!鼻血出そうなくらいうまい。もうお気づきかと思いますが、わたしはホットチョコ大好きで、思えばここんとこ旅行のたびにチョコ専門店でホットチョコ買ったり、家で作れるホットチョコの素ばっか買ってるな・・・。








余談ですが、最近(でもないかも)横浜タカシマヤの3階にオープンしたショコラティエ(とおしゃれに言ってみる)、パスカル・カフェって知ってる??ここも美味しいよ!!店内でショコラやホットチョコ・アイスチョコも飲めるみたいなので、近々店メニューを試してみようと企んでます・・・。既にお試し済みの方はぜひ感想を教えてくだされ。
[PR]
by Y-jou | 2006-05-29 13:35 | 美味しいもの

出ちゃってますよ!!


うちのウシ様なんですけども・・・。
画像暗くてわかりにくいですが、これはある日の朝(多分週末)、目が覚めたらこんな顔してわたしの胸の辺りに乗ってくつろいでました。
それにしても、この舌の出し方ってありますかね??2ミリ位ちょこっと出ちゃってることはたまにあるけど、これ1センチ近く出してましたよ。

先日、ちょっとプライベートで腹が立ち、凹んでた時にウシ様をひざに乗せて「やんなっちゃうよね~。まったく、むかつくよ!!」と言ったら、又しても!!!ウシったらべろ~んと舌出して、それ以外は至ってふっつーーーー状態でわたしを見上げました!思わず笑っちゃって、むかつき気分も一掃。ほんと、ウシには助けられてますわ。

舌出すとヤバイ、とか病の前兆とか、そんなの無いっすよねー??
なんか情報お持ちでしたら、ご一報お願いします。(笑)
f0020008_16455054.jpg

[PR]
by Y-jou | 2006-05-26 13:57 | 猫様
f0020008_15423948.jpg

初日から張り切って行ってきましたよ~。
行く前に会社の同僚(ドイツ人・クリスチャン)に「本読んだけどさ~、やっぱクリスチャンとしてはちょっと受け入れがたい内容も多々あるんだよね~。」と言われ、巷での賛否両論を肌で感じながら、単なるミーハー心で横須賀まで行ってまいりました。なぜ横須賀?それはですね・・・、汐入駅前に、横須賀時代によく行ったおいすぃ~串焼き屋さんがあるからです♡ もくもく煙にまかれながら腹いっぱい串焼き&焼きおに茶漬けを食らって、いざショッパーズの映画館へ。

いやぁ、意外と長かった。2時間半くらい??そんなに長くて退屈する、ってことは無かったんだけど、ぶっちゃけ原作読んでないと何がなんだか分からない部分が多かったっすよ。無宗教のわたしにはなじみの無い宗教用語(と言うか、キリスト教用語)が目白押しなんですもの・・・。そして原作の内容をムリムリ2時間半の映画に収めた結果、すごい勢いで状況が展開するという印象が否めませんでしたわ。
まさに、字幕読む→難しい言葉を「ハテ?」と考える→映像見過ごす→分かった頃には次のシーン、といった感じ。とはいえ、画像はすごく重厚でキレイだし、トムハンクスはいいし、主演女優のオドレイ・トトゥは美人だし、そういう意味では見所ありです。
タダしつこい様ですが、原作読んでから行った方がいいかも。わたしはこれから原作読んで、DVDが出たらもう一回見る。(予定)

f0020008_15511494.jpg←それにしても、この方・・・。超怖かったです。普段どんな役やってる俳優さんなんでしょ??普通の状態が想像できませんです。
[PR]
by Y-jou | 2006-05-23 15:52
さてさて、帰国前夜の5月3日(水)。まるまる遊べる最後の日になっちゃったよー。

行きたかったレストランのうちいくつも行ってないところがあることが判明したんで、こうなったら朝から外食だ!!とホテルの朝食をスキップして早々チェックアウトし、フジコさんがネットで見つけてくれたジャマイカンレストラン、Island Spiceへ。お店のウェブサイトを見て既にメニューを決めてたんだけど実際は「今日のメニュー」をお店のおじさんに聞いて決めるとよい様。メニューに載ってるけど無いもの、載ってないけど用意されてるものがありました。
f0020008_822799.jpg注文したのは正に「メニューには載ってないけど用意されてた」本日のブレックファースト。カラルーとサイドはプランテイン(steamedとfried)、そしてダンプリン。つか、右側に2つ見える白いおまんじゅうがダンプリンですっ!!でかーーー。ダンプリンはやはりそのでかさが災いしてか、中がちょっと堅かったんだけど、その他は超うまー!!そして奥に見えますのはジャークチキン。これまたうまーー!!まず、カラルーのプレートは「おいおい、べジープレートか?」って思ったけど、よく見るとカラルー(カラードグリーンみたいな葉っぱ)に戻した塩タラみたいなのがたくさん混ざってて、凄いおいしいのです!!このまま白いご飯に乗せても美味しそう。crixさんがブログで紹介されてたカラルーを想像していたけど、ココナッツミルク味ではなかった。これがジャマイカ風なのかな。と、ますますトリニ風が気になった。Coskel Univ. Cafeのオープン、心からお待ちしてますんで!!>crixさん
プランテインはわたしはフライドの方が好きだった。甘くて端っこがカリカリに焼けていて、なんともいえない美味しさ!そして、ジャマイカ料理と言えば・・・のジャークチキン。これもピリっと辛いスパイスが効いてて、オーブンでじっくり焼いたんだろうと思しき柔らかい肉。母様も大変気にいってましたわ。朝から骨付き肉にしゃぶりつく、又しても場違いなアジア人親子・・・。

お会計を済ませて昨日無念の延期を言い渡されたTorrey Pines Gliderportに電話で風の具合を聞く。「ちょっと弱いけど、多分あと1時間もしたらいい風が吹いてくると思う」とのこと。とりあえず向かうことに。ここでは初心者でも専属パイロットとのタンデム飛行でパラグライダーが楽しめる、ということで「今まで見たことなかったことを見、やったこと無かったことに挑戦してみよう」ツアーである今回の旅行では砂漠トレイルに続く第二弾として非常に楽しみにしていた。この日は最後のチャンス。絶対飛びたい!!

オフィスの前に座って待つこと1時間近く、ようやく声がかかった。
「さ、行くよ!!」
わーーーい!!ついに挑戦の時が来たぜ!!!
英語が苦手な母様は日本語が少しできる韓国人のパイロット、わたしはアメリカ人のパイロットと一緒に飛ぶことになった。重いハーネスを背負い、ハーネスごとパイロットの前に座る感じでパラと接続。「あまり飛び跳ねないように、普通の感じで海の方向に向かって一緒に歩いて行ってね」と言われ歩き始めるも、思ったよりパラにあたる空気圧が大きく、反対向きにくるっと回ってしまった。仕切りなおしで芝生が茂るポートから海方面に向かって(とはいえポートは飛ぶまで立ち入り禁止の為、崖の下は見てなくてそんな高さがあるとは知らなかった)歩き始める。「あれーー???もう崖終わっちゃいますけど?」っていうギリギリまで歩くとふいに足がフッと地面から離れる。


f0020008_8243841.jpg「うっわーーーーーー!!!!!!思ったより高いやんけ!!!」が第一声。まさに断崖絶壁から飛び降り状態の寸前で浮く、と言った感じ。しかし、この眺め!!そして風を直に感じるって、普通の生活では経験できない感覚。

f0020008_8261971.jpgはたから見るとこんな感じ。結構スリルもあるし、高さもある。パイロットはより面白くするため(多分お客の反応も見ながらだろうけど)、ギリギリ崖に近づいて急ターンしてみたり、崖の際に立ってるお金持ちの豪邸近くに寄ってみたり、色々楽しませてくれた。けど、飛んでる間はそれなりに空気抵抗があるんでなかなか上手く写真が撮れず残念。

f0020008_8281744.jpgなんとか、自分で本当に飛んだ証拠写真として、汚ねーTims越しに風景を写してみた。こんな感じで20分くらいふわふわと飛んでおりました。

オチです。このパラグライダーはある程度強い風をつかんで飛ぶわけですが当然飛行者の体重ってやつが影響してまいります。小粒な母様とこれまた小粒な韓国人パイロット氏(陽気な松木安太郎風)はうまく高度を保って崖の上の飛び立った元の場所に着陸したものの、少々むっちりなわたしとでかいアメリカ人パイロットは・・・・。
そろそろ終わりかと思ったその頃崖中腹を飛んでたわたしは聞いてみた。「こっからまたさっきの高さに戻れるの?」「I'm trying to」だって。trying!!!この瞬間ほぼあきらめましたわ。ビーチ着陸になるな、と・・・。つまり、崖の数十メートル下のビーチに着陸、その後歩いて崖の上まで上る訳です。その後わたし達はぐんぐん高度を下げ、ビーチにどちゃっと着陸。お陰でデジカメぶっ壊れたワイ!!パイロットに「後は僕が片付けてくから、君は悪いけどハーネスだけ背負って戻ってくれるかな?辛くなったら崖の途中に置いてっちゃっていいから☆」と明るく言われた。そう言われて崖の階段を登り始めたが・・・砂漠並みにきついんですけどーーー。途中息が絶え絶えになって挫折しかかったが「あのおっちゃん(パイロット)はパラと自分のハーネスと2人分のヘルメットも持って来るんだしな。置いてけないよなー。」と大和撫子の根性見せてまいりました。ああ、辛かった!!!

しかし、このパラグライダー、病み付きになりそう。だってこんな目線って普通ありえないもの。思わずネットで日本国内で飛べるところ、果てはライセンス取れるところまで調べちゃいましたわ。


f0020008_843454.jpgその後興奮冷めやらぬわたし達は「最後の夜はちょこっとだけいいホテルに」と言うことでShelter Islandという、ヨットハーバーだらけの人工の出島にあるHamphrey's Half Moon Innという、リゾートっぽいコテージホテルにチェックイン。ライトアップされたプールでひと泳ぎ&ジャグジーでくつろいだ後、すぐ近くにある、これまた留学中によく来たオイスターバーBrigantineで遅めのディナー。ここはハッピーアワー(といってもかなり長い時間ハッピーアワーになってる)に行くととってもお得に新鮮なシーフードが食べられる、穴場の店。テラスでワイングラスを傾けながら生牡蠣やセビーチェ(メキシコ風魚介マリネ)なんかを満喫、サンディエゴの最後の夜は更けていきました・・・・。

今回の旅は本当に「充実してた!」の一言に尽きます。色々初体験できたし、とは言ってもそれほど詰め込みって感じはせず、チャンスがあるなら同じコースでまた回ってみたい、と思ったくらい。自画自賛です。(笑)行く前は、もう勝手が変わっちゃって道とかも忘れてるかな~?と思ったけど、行ってみたら結構覚えてたので嬉しかった。もちろん街は10ウン年前に比べてずっときれいに整備されて、無かったお店がたくさんできてたけど、結構当時のお店も残ってたり、当時の風景も残っていて、フッとあの頃に引き戻されるような気も何度かしましたです。
やっぱ旅っていいわねーー。さ、またお金貯めないと!!
[PR]
by Y-jou | 2006-05-19 08:51 | 旅の話
さてさて早くしないと忘れそうなので旅日記をさらにup。
5月2日(火)でやんす。

前日思いっきり活動したので朝はゆっくり目に起床。ホテルで朝食後のんびりし、午前中はすぐそばにあるRoss Dress for Lessへ。ここはねー、ヤバイですよ、まじで。有名ブランド物(Poloとか、Tommyとか、DKNYとか、カジュアルメイン)の洋服や小物が冗談みたいな値段で売ってます!!サイズとかも結構めちゃくちゃなため、ちょっとしたコツと、慣れと、根気が必要だけど、そこさえクリアすればタマラナイお買い物スポットでございます。わたしはここで、BCBGのスウェットと、Roxyのタンクトップ(いくつやねん・・・)、リーバイスのジーンズにノーブランド物のホルタートップ、ブラウス、デニムのミニスカート(い、いつ履く気だ!?)、Tommyの部屋着にTommyのバスタオル&フェイスタオル、こんなもんかな。それでも130ドルくらい。笑いが止まりません。

その後はレペゼンシカゴ(行ったこと無いけど)のPizzeria UNOでランチ。NYでも行くとつい立ち寄ってしまうこの店。Deep Dish Pizzaってのが多分ココのオリジナル。その中でもSpinnocoliっていう、ガーリックの効いたトマトソース+スピナッチ+ブロッコリのヤツがわたしのお気に入り!というわけで何とかの一つ覚えの様に、UNOに来るとこれしか食べないわたしなのでした。サンディエゴのPacific Beach店はビーチからすぐ近くで2階のテラス席がなんとも気持ちいい!!実際屋内にはお客さんゼロでみんなテラスで食べてましたよ。もちろんわたしらもテラスで。


f0020008_041697.jpg午後は実は最初の予定ではパラグライダーに挑戦するはずだったんだけど、風弱くて飛べず。仕方ないので、再度モールのファッションバレーに行ってGodivaやKiehl's、Victoria's Secretなんかでお買い物。Kiehl'sは去年NYで買って超お気に入りだった、薔薇の花びら入りのRose Waterがとっくに無くなってしまったので、もちろん購入。2本買いたいくらいだったけど、1本終わる前にまたアメリカに来れるよう願掛けの意味も込めて(笑)、あえて一本のみにしました。







この日の夜ご飯はSoul Food。留学してた時にお気に入りだったSoul Food屋が閉店してしまったと聞いてあわててリサーチしたBonnie Jean'sというお店に向かう。「町の食堂」風の親しみやすい店構え。それにしてもミスマッチなアジア人親子2名のわたし達。(笑)でもお店の人たちはみんないい感じで、アットホームな感じでしたわ。

f0020008_0452983.jpgまずはフライドギザード。砂肝の唐揚げですな。ピリ辛で美味しい!飲めないけど、ビールが合いそうな味。一粒一粒がえらくでかくてびっくり。さすがアメリカのにわとりは砂肝の大きさから違う。

f0020008_0464328.jpgもう学習しましたんで、基本どおりアペタイザーとメイン1品ずつシェアで。(笑)はっきりいって上級者向けメニューのチットリンに果敢にも挑戦した我ら!!お味はですねぇ・・・正直にいいます。やっぱり日本のモツとは違うんだな~。お掃除具合が違うのかな?どうしてもにおいがちょっと気になってしまった。ホットソースをかけて食べましたけど。サイドのグリーンとフライドオクラは文句なしのお味でしたわ。

この日は買い物中心でまったりと過ごしました。ディナーの後、Krispy Kremeでドーナツ買って食いました。こんな時間に砂糖たっぷりドーナツとは、なんてチャレンジャーなわたし・・・。ま、旅行後にダイエットすりゃいいか♪
[PR]
by Y-jou | 2006-05-19 00:54 | 旅の話

長距離ドライブの友

f0020008_18425121.jpg

まずは日本から持ってった、みんな大好き、LL Cool JのTodd Smith。ええカラダしてまんな~。一時顔も筋肉質(ちょっと筋っぽかった)になった時はやや引いたけど。このアルバムでは、30代の希望の星J. LoやMary姉さん、今をときめくNe-yoなんかとコラボってます。


f0020008_18461319.jpg

お次はサンディエゴのタワーレコードでセールになってたKeyshia ColeのThe Way It Is。(何度見ても、名前のスペルが覚えられん)今まで1曲だけRemy Maかなんかと一緒にやってる曲聴いただけだったけど、なかなか少年っぽい(?)ハスキーな声でよさげだったのでCD買ってみた。Luther VandrosのNever too much使いでEveとコラボってたり、Jay-ZのSong Cryと同じ曲(きっと有名曲なんでしょうね、けど分かりません)をサンプルしてたり。地元のHip Hop局ではLoveが結構かかってました。


f0020008_18533333.jpg

最後はLudacris presents Disturbing Tha Peace。ルダクリさんとそのお友達のコンピアルバム。久々に南系のCDなんて買ってしまった。

とか言いながら、地元のHip Hop & R/B局のJammin' Z90で結構90年はじめ頃の曲がかかって、そっち聞いてた時の方が運転にも磨きがかかっていたかも知れませぬ。(笑)
[PR]
by Y-jou | 2006-05-12 18:57
さてさて、ついに5日目、5月1日(月)。
今回の旅のメインイベントのうちの一つ、砂漠を見に行く日がやってまいりました~。

f0020008_23382864.gifこの地図の中央よりやや右寄りに見えますは目指すAnza Borrego Desert State Park。砂漠ですよ、砂漠。でっかいな~。サンディエゴからフリーウェイを飛ばして(文字通り飛ばして、です)2時間ほどの場所にあります。フリーウェイはもちろん途中までなんだけど、後半40分くらいは片側一車線の山道。

f0020008_231481.jpg両側は見渡す限りの牧場!!町からたった1時間のドライブでこの景色!!広々とした緑の土地で悠々と草を食む牛や馬たち。見てるだけで癒されます・・・と言いたい所だけどちょっとアメリカ人の皆さん!車飛ばしすぎですから!!わたしだってがんばって80キロくらいは出してたけど、どんなボロ車でもすぐに追いつかれて、路肩に寄って抜かしてもらうハメに。


f0020008_23143573.jpgそんなこんなで晴天の中着きましたよ、アンザボレゴ州立公園。まずはビジターセンターに向かって、トレイルコースのアドバイスをもらう。「帽子は?サングラスは持ってきた?日焼け止めは必須よ」と言われた、このキャミ&スウェット姿の完全にナメくさったいでたちのわたし・・・。思ったより本気な場所でありました。ビジターセンターのおばさん曰く一番人気の往復2時間のコースは最低でも500mlの水を一人あたり2本は必要とのこと。わたしらは一人1本しか用意してなかった~。とりあえず、このコースの行ける所まで行くことに。


f0020008_23213194.jpgとにかく、すっごい風景ですよ!!まずね、色が違う。

f0020008_23223322.jpg空の青さがありえないくらい濃くて、砂漠とは言っても砂がさらさらの鳥取砂丘みたいなところではなくて、岩山と緑のサボテンや砂漠の植物、山からの湧き水が流れる小川など、一言で言うなら「テレビでしか見たことなかった絶景」の連続。

f0020008_23241668.jpgほら、サボテンの花もこんなすっごいピンク。

f0020008_23262363.jpgそこに、野生の大角羊(っていうのかな??英語名:Big Horn Sheep)の群れが、数十メートルはあるだろう岩山のてっぺんから、見る見るうちに目の前の小川に水を飲みにやってきた!すごい!!興奮の一瞬です。


f0020008_2328171.jpg結局あともう一息でゴール地点ってところで水も少なくなり、道も不確か、そしてなにより体力がかなりきつくなってきて、泣く泣くリタイヤ。そうは言っても、きっちり装備じゃないわりにはかなりがんばったと思う!羊の群れを見れたのもかなり満足度高かったし。ここは無理をしても後で後悔するだろうと判断し、元来た道を戻った。



今までトレイルとか登山とか興味なかったけど、今回ばかりは「自然ってすごい」と思った。ものすごい暑さと乾燥だったし、慣れない岩場を延々歩いたお陰で車に戻った時はヒザが笑ってたけど(正直運転して帰れるか心配でしたわ)、行ってよかったと思います。

f0020008_23345886.jpgこの後は帰り道からちょっと寄り道してりんごの名産地、Julianへ。有名なアップルパイとスープとサンドウィッチの遅めのランチを食べ、まわりをちょっとぶらぶらし、さらに途中にあるインディアンリザベーション内のカジノにちょっとだけ寄ってサンディエゴへ帰りましたよん。




いやー、この日は疲れた!もちろん、早々とベッドへおさまりました☆
[PR]
by Y-jou | 2006-05-10 23:37 | 旅の話
おまんたせしました、4日目、4月30日(日)でございま~す。
f0020008_22403020.jpg今日の朝ごはんは、こちら。Loew's Coronado Bay Resort。このホテルはサンディエゴのダウンタウンからコロナドブリッジを渡った、サンディエゴ湾の向こう側にあるコロナドという島(いや、実は南端の方が細くサンディエゴ側に繋がってるから正確には島じゃないんだけど)にあるとっても素敵なホテル。陸地が細くなってる所に建ってるので、多分全ての部屋から海が真ん前に見えるはず。
ここのレストランでサンデーブランチでございます。


f0020008_22412860.jpg用意されたテーブルからの眺めはこんな感じ。天気にも恵まれて、屋外のテーブルを頼んどいて正解だった~☆席に着くと飲み物がサーブされます。シャンパン(もちろん飲み放題!)か、ホテルならではの絞りたてオレンジジュース、もしくはこれをミックスしたミモザが選べます。運転手だったので、とりあえずミモザを1杯、その後はオレンジジュース。つぶつぶでおいすぃ~!!


f0020008_22414658.jpg
とりあえずアペタイザー。殻付き生牡蠣やおっきなシュリンプ、蟹爪なんかがクラッシュアイスの上にずらり。その他サラダや、目の前で作ってくれるオムレツも充実。もうこの後は興奮して写真撮り忘れたけど、プライムリブも塊りを目の前で切り分けてくれますっ!!その他ローストラム、グリルしたチキンなどなど・・・もう牛みたいに5つつくらい胃が欲しい!!


f0020008_22424187.jpgデザートはケーキも数種類、その他目の前で作ってくれるクレープのいずれもおいしかったんだけど、こんなの日本で見たことない!!っつーその名も「チョコレートファウンテン」。チョコの噴水ですよ!!溶けたチョコが上からひっきりなしに流れていて、傍らのカットしたフルーツやマシュマロなんかに串が刺さったヤツをくぐらせて食べます。タマランッ☆


f0020008_2243517.jpg満腹の腹を抱えてサンディエゴへ戻り、今度は湾内クルーズへ。2時間コースを選んだので湾内をくまなく巡ってくれた。元Navyのおじさんの解説付です。クルーズ中どこを向いても軍事施設又は軍艦が目に入ります。さすがは海軍の街だ。


f0020008_22431789.jpg<おまけ>
懐かしい人にはひどく懐かしい、USS Midwayの今のお姿。中はミュージアムになってます。(行ってないけど)


f0020008_22433679.jpgこの日はこの後、ショッピングモールのファッションバレー(なんつー名前だ)でお買い物後ベトナム料理を食べ、ホテルに帰って就寝。








明日はなんと、砂漠にまいりますですよ。早起きしなくちゃな~。
[PR]
by Y-jou | 2006-05-10 22:45 | 旅の話

亀キョン報道に思うこと

旅のご報告の合間にちょっと一息・・・

f0020008_10403556.jpg

旅行の前夜、うちのウシ様を連れて実家に前泊したんですが(旅行中は実家の父が実家の猫2匹&ウシ様をムツゴロウさんの様にかわいがっておりましたので)、母様の目覚ましAMラジオの話題で一瞬にして目がさめましたわ。

「小泉今日子40歳とかつ~んの亀梨和也20歳が熱烈交際」

すげー、すげーよ、キョンキョン。
20歳差って、余裕でヤンママさんとその息子の年齢差じゃん。(ま、ペタジーニには敵わんが)ちょっと前まで話題になってたYOUと28歳の彼氏(ドラゴンアッシュのどれかでしたっけね?)を軽く上回った訳だ。
20歳下・・・・えー!わたしなんて中学生までストライクゾーン広げていいんだ!!(冗談です)
旅行中はさすがに忘れていたものの、帰国してから気づけば私の脳内BGMは、常になんてったってアイドルなのだった。

数字だけ見るとすごいけどさー、キョンキョンだって40歳にには見えないもんねぇ。
さすがさびない人だけのことはある。
まずは中学校に青田買い偵察に行く前にさび落としから始めなきゃな。
手始めに階下のコンビニにじょじょびじょば~とよからぬものを流しだしてくれるDAKARAでも買いに行くか・・・・・。
[PR]
by Y-jou | 2006-05-09 10:41 | テレビのはなし