最近結婚した30代ハケンOLの、いつ更新されるか分からない気まぐれ日記♪


by Y-jou

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

さてさて。
でっかいどー北海道2日目。
f0020008_22134935.jpg


改札を抜けたらまずはレンタカー屋さんと駅まで待ち合わせ。オフィスまで連れてってもらって、予約したホンダのFitに乗り込み、いざ富良野へ!富良野って言ったらもちろんラベンダー。このタイミングでの北海道行きは最盛期を迎える富良野のラベンダー畑を見るためだったのですよ。小学校の頃ポプリ作りにハマって以来、一度行ってみたかった富良野。あの頃はラベンダーなんて、ドライのしか関東ではお目にかかれなかったんだよね、確か。

f0020008_21585912.jpgまずは腹ごしらえ。上から読んでも、下から読んでも道央道に札幌ICから乗る前に札幌ラーメンを食す。この味の時計台ったら馬車道にもお店があったのね・・・。でも誰も食べたこと無かったのでとりあえず食べてみる。めっちゃベタですが味噌バターコーンラーメンとみんなで一皿の餃子。なんと今餃子は特別に一皿190円!安~!!ラーメンも、味噌味が強すぎず、ほんのり甘くて、バターまったりでおいしかった。しかもレンゲの他にステンレス製の「穴レンゲ」がついてきて、コーンすくいやすい!!すばらしい・・・。さすが北海道だぜ!

さてお腹が膨れたところで、ようやく富良野へ向かう。高速道路と一般道を飛ばすこと2時間ちょっと。ついに着きました!!ラベンダーの里、富良野!道のそこここにラベンダー園の看板が。そんな中目指すは中富良野のファーム富田

f0020008_2215825.jpgおっとその前にもう一ヶ所行きたいとこがあったんだった。ふらのワイン。写真は地下にあるワイン貯蔵所。古いものでは20年以上前に作られたワインが壁一面に保管されている他、去年なんかに作られてこれから寝かせるワイン(一番長いので向こう100年!!)も保管されています。この他瓶詰めされる前の樽詰めの状態のモノなんかもガラス越しに見学できます。その後はお楽しみの試飲!!今回はワインは買わず、わたしは100%ぶどうジュースを買いました。いつ空けようかな~♪

お次はついにラベンダー園、ファーム富田へ。問答無用のラベンダー畑をどうぞっ。
f0020008_031595.jpg

もうね、風がラベンダーの香りなんですよっ!!超癒されます。幼なじみはそれまで頭痛を訴えてたのに、薬飲まずにいつの間にか無くなってた位。ありきたりの表現で恐縮ですが、本当に一面紫の絨毯状態です。
そしてその敷地内ではこんな風に・・・
f0020008_2223489.jpg

大量にドライフラワーが作られていたり、
f0020008_22242499.jpg

美味しいメロンがカット売りされていたり、
f0020008_22251359.jpg

ほのかにラベンダーが香り、ラベンダー蜂蜜が底に仕込まれたとろとろのラベンダープリンが食べれたりします。また行きたい・・・・。癒されたい・・・・。

暗くなる前に札幌へ戻る為、後ろ髪引かれつつ富良野を後に。実は札幌であるもの見るために、可能な限り19時過ぎまでに札幌に着きたかったのです。それは何かというと・・・

f0020008_22292668.jpg

(ちょっとなんだかわかんないかな・・・)
世界的な日系彫刻家、イサムノグチ設計のモエレ沼公園の噴水。40分にもわたる大ウォーターショーが19時15分からの最終回に限りライトアップされるということでどうしても見てみたかった。結局時間が押してしまって最後の10分間しか見れなかったけど、それでも感動ものの美しさ。日の落ちた公園の大噴水の回りにはカップルやグループが結構来ていて、みんなその眺めに見入っていました。

いやー、今日はロングドライブ疲れたけど充実だ!!ホテルにチェックインし、おととし来た時に偶然見つけたお酒と食べ物の美味しいお店(しかも今回のホテルのはす向かい♪)にディナーに行くことに。myカメラを忘れてったので、このお店に関してはかーさんから写真を入手次第、またご報告いたしま~す☆
[PR]
by Y-jou | 2006-07-26 22:34 | 旅の話
はいー、行ってきましたですよ!北斗星で行く北海道の旅!!

f0020008_21233217.jpg

19時03分上野発の札幌行き。飛行機に乗ってしまえば2時間半の道のりを16時間かけて、旅します。まさに旅行というより「旅」という感じ。上野駅13番線ホームにスルスルと青い車体が入ってくると、いやが上にもワクワク感が高まります。

部屋はこんな感じ。

f0020008_2125628.jpg

思ったより狭くなかった。わたしと幼なじみがこの部屋、かーさんは隣の車両の一人部屋。しかも二階なので、天窓から外が見えてなかなかの眺め。出発して40分足らずでお食事の時間。あらかじめ予約しておいたフレンチのディナーを食べに食堂車・グランシャリオへ。


f0020008_21293324.jpg
まずはワインで乾杯!


f0020008_2132371.jpg
前菜は雲丹風味のクレープ海の幸サラダ仕立て。サーモン・海老・蟹足・雲丹が雲丹風味のクレープで包まれてます。結構ひとつひとつのシーフードがいい大きさ。海の香りがいっぱいのアペタイザー。


f0020008_21341954.jpg
スープは真鯛とアスパラの冷製クリームスープ。きれいなグリーンのスープの真ん中にソテーした真鯛が。さっぱりした白身魚にまったりとした冷たいスープがいい感じ。目にも美しい一品。


f0020008_21344540.jpg

メインは牛フィレ肉のソテー野菜のメドレー赤ワインソース。ミディアムレアの厚切りフィレ肉がやわらか~い!赤ワインソースもしっかりした味付け。お肉はもちろん、パンにも絡めて食べちゃった☆。

デザートは写真撮る前に平らげちゃった。ココナッツミルクのスープ仕立て小豆アイス添え。ココナッツミルクなんでちょっぴりアジアンデザート風。甘すぎずすっきり。

品数は多くないけど、一つ一つがボリュームあったし胚芽パンも美味しくてすっかり満足。この後しばらくわたし達の部屋でおしゃべりしてから、それぞれの部屋で就寝。心配してたほど振動や音も気にならず(鈍感ともいう)たまーに目が覚めたものの意外と朝までぐっすり。いつのまにか青函トンネルも通過してついに!電車で北海道入り!!

朝ごはんは食堂車でも食べれるけど、わたし達は車内販売のお弁当を部屋で食べた。

f0020008_2140443.jpg
かなりオカズ盛りだくさんな青函トンネル弁当。ご飯の上のちっちゃい蟹さんがご愛嬌。隣の緑はなんと生姜!こんな色ついた生姜は初めて見た・・・。

そして11時15分、札幌駅に到着~♪
さーて、ツアーガイドはこれからが正念場ですわん。

続く。
[PR]
by Y-jou | 2006-07-24 21:43
合計1000万円の旅が当たるプレゼントキャンペーン開催中!

これあたったら、Nが付く大都市とか、Oが付く国内の南の島とか、行っちゃうんだけどな~。
[PR]
by Y-jou | 2006-07-14 11:55

素麺、好きですかーっ?

f0020008_1183676.jpg
大門素麺、といいます。おおかど、です。だいもん、ではありません。これね、富山県砺波市の名産品で、不思議な形をしております。普通素麺って三輪素麺とか揖保の糸みたいにまっすぐで切りそろえられて和紙の帯かなんかで1万円札束よろしく束ねられてるじゃないですか?この大門素麺は↑写真のパッケージを開けると・・・
f0020008_11132266.jpg

こんな感じで丸まってるのであります。遠縁の親戚が生産者の一人なこともあって、うちでは素麺といえばこれしか食べないので、他の素麺との違いすら忘れてしまったんですが、特徴は腰が非常に強い!だから冷たくして食べるのはもちろんのこと、にゅうめんみたいに暖かくして汁そば風に食べるのもひっじょーにおいしいのです。実家では冷やし素麺よりか、鯛素麺にして食べることの方が多かったな。そんな時も多少煮込んでも全然ぐちゃっとならず、しっかりしたもんだ。そこの七味ぺっぺっぺっとかけて・・・くぅ~、日本酒の後にたまんねぇな!

f0020008_11183867.jpg
昨日はちょっと創作系でおいしっくすの箱に入ってたニラを消費する為、「ニラもやしあんかけ素麺」を作成。豚バラを細かく切ったのをニンニクと炒めてニラともやしを投入。水・酒・鶏がらスープの素・胡椒・昆布塩で味をつけた後片栗粉でとろみをつけ、ゆでてしっかり水洗いした大門素麺を加えて一煮立ちしたらできあがり。見かけはいまいちだけどなかなか美味しかったでーす♪

f0020008_11192837.jpg
仕上げはコイツよ!ちまたで話題の石垣島ラー油。石垣島のぺんぎん食堂で作られてる手作りラー油で、うこんとかニンニクとか唐辛子とか、とにかく胡麻油に「薬味?」っつーくらいスパイスが沈んでる美味しいラー油。なかなか手に入らなかったりするそうなので、大門素麺ともどもチャンスがあったらお試しになってみてね☆(回しモンか??)
[PR]
by Y-jou | 2006-07-13 11:23 | 美味しいもの

f0020008_10593066.jpg
突然ですが、北斗星。そう、青函トンネル開通の頃に運転が始まった、上野から札幌までを16時間でつなぐ寝台特急。ある日仕事に行くのにJR横浜駅ホームで電車を待ってたら、青くて長ーーーーーい(松山千春並みで)電車がゆるゆると入ってきた。ひっさしぶりに見たブルートレイン(これは富士でした)はノスタルジックな雰囲気ぷんぷん!!なんと言っても斜めから見ると軽くでこぼこしてる外装、小さめの窓、威圧感たっぷりの電気機関車・・・もう頭の中では映画版銀河鉄道999のテーマ by ゴダイゴが鳴り響いて止まなくなってしまった!!

そこで、プレゼンを敢行。おりしもその週に幼なじみ1名と母様との会食があった。この二人なら食らい付いてくるに違いない・・・と踏んだわたしは仕事中こっそり作った旅プランを二人に見せた。名づけて「日本のオリエント急行、北斗星で行く!2泊3日札幌・富良野の旅」そのまんまやんけ。

ということで、企画が通ったわたしはさくさくと手配を開始し、苦労してなんとか北斗星のチケットも取り、来週金曜仕事終わり次第上野から夜行列車に乗って北海道行ってきます!!いやぁ、楽しみ。あんなことやこんなこと、色々アイデアひねり出して(仕事そっちのけで)計画してまっせー。また帰ってきてから旅日記をアップいたしま~す☆
[PR]
by Y-jou | 2006-07-13 10:59 | 旅の話

まねっこしました☆

f0020008_15142517.jpg

りるびーさんもお勧めのFrosch、興味モリモリでついに買っちゃった☆ま、厳密に言ったらかーさんがコストコで3本セット買って一本クレタ。(もう一本は弟宅へ)けど、ポンプはわたしからかーさんとヨメへプレゼントなので、チャラにしてくれ。さっそくりるびーさんのお達しどおり、あわせて購入のベーキングソーダで油物をキュッキュした後、このLohas(ぶっ☆)なFroschでお茶碗洗ってますよ~。小さなことからコツコツと!!(西川きよし風で)地球に優しい女を目指します。

話は変わりますが、横浜大桟橋の先っちょにあるSubzeroってレストラン、ここでマジに食事しようとするとちょっとオタカイんですけど(一人1万くらいか?)、この店が夏季限定で大桟橋のデッキの上にオープンカフェを出してるんですよ。でね、一度行ってみたいと思ってて日曜日行ってきた!!
f0020008_15194185.jpg

すっげー、きれーくなくなくない??(←あほか?)7時半日没ってことだったので、6時前からジントニックをちびちびやりながら、ディレクターチェアにふんぞり返ってしばしおしゃべりの後日が暮れて、こんな夕景が!もちろん完全に暗くなってからの夜景もサイコウだったっすよ。いやー、横浜っていいトコだな☆って思った瞬間。また行きてー!

<おまけ>
ところで、ヒデの現役引退、どびっくらこいた。夕べテレビで速報、って出たので「なんだなんだ?また誰か捕まったか??」なんて思ったら・・・。彼らしいってみんな言ってるね。個人的に知ってる訳ではもちろん無いけど、そうなんだろうなってわたしも思った。マネージメント会社の社長がブラジル戦の後テレビで「中田はピッチの上に横になるのが大嫌いなんです」って言ってた。あの試合の後10分間ピッチに横たわって動かなかったのが、今思えばサインだったのかもね。それにしても常に先を見る姿勢、スバラシイね。イタリア語だって高校の時から勉強してたんだって。わたしも見習おうっと・・・。
[PR]
by Y-jou | 2006-07-04 15:22

久々のロングドライブ

先週土曜日、車で長野まで行ってまいりました!!
別に旅行って訳ではなくて、遠縁の親戚の顔を見に行くのがメインの目的。
でもわたしがそれだけで済ますわーけーが無い!!

朝、まだ5時台ですよ。かーさんが車で登場。先日コストコで買ってもらって山分けした数々の品々を荷降ろし後、当然の様にわたしの運転で出発~☆
途中叔父さんを拾って東名→関越→上信越と車を飛ばすこと4時間強(あ、途中SAで朝ごはん食ってます)、長野に到着!!

f0020008_14591831.jpgまずは表向きのメインの目的を達成し、わたしの「メイン目的」である小布施参りへ。
小布施っつーのは長野市内にある、栗で有名な町でして(そのくらいしか知りませんですみません)、わたしはもともとかーさん・ばーさんがここに本店を構える
小布施堂の栗鹿の子がどえりゃー好きだったもんで知ってるんです。この小布施堂、小布施の町の一角に栗を使った和菓子の小布施堂本店ほか洋食レストラン、和食レストラン、酒屋などを直営している様子。この日のランチには和食レストランの蔵部を選択。もっちろん事前に予約済みです☆(詳細は小布施堂サイト内にございま~す)


f0020008_14431164.jpg武家屋敷風の重厚な外観。下調べしてなかったら、ちょっとびびって入れないような店構え。しかし綿密なリサーチ(笑)から、ランチが意外とお手ごろなのをつかんでいたので全く余裕で入店。


f0020008_1444302.jpgあれーー??ウシついて来ちゃったよ!!って思ったら、単なるそっくりさんでした。ほんとにクリソツ。蔵部前で我が家の様にくつろいでいた。


f0020008_14454078.jpgまずはどぶろく。って、ええー??普通一杯目にどぶろく頼む???でも頼んじゃったんだもん☆1合を母様、叔父、わたしで。キンキンに冷えた錫のカップは手が張り付いたら凍りそうな勢い。


f0020008_14474020.jpgお食事は基本はセット物。わたしと母は2100円の信州牛重ね焼、叔父は1600円位のお造りがメインのものを選んだ。ちなみにご飯はかまど炊きの白いご飯のほかさすが小布施、栗おこわ(320円増)やお味噌汁の代わりに㌧汁(これまた320円増)も選べます。


f0020008_1450361.jpgかーさんの栗おこわ。栗デカッ。もち米もっちもち!美味しかった。でもかまどご飯もしっかり美味しかったっす!!お肉もジューシーで柔らか。この値段でこのお味、しかも食前酒としてお猪口一杯の日本酒とデザートにお米のムースが付いてきた。お店のインテリアもとってもシック&モダン、しかし和な感じで、ここはかなりコストパフォーマンス高めです。

お腹一杯になったところで辺りを散策。酒屋さんの枡一で日本酒やら道挟んで反対側に手作りジャム屋さんを見つけてジャムを買ったり。そして小布施堂本店に戻って、要予約の栗の生菓子「くりは奈」を無事ゲット。はい、こちらも事前に電話で予約しておりましたのよ。おほほほー。お持ち帰り菓子だけで帰るつもりが、やっぱりお茶コーナーが気になり・・・・・・・・


f0020008_14572100.jpg結局食べちゃった♪これは栗餡が入った葛まんじゅう。つるんと冷たく喉を通っていく感じがタマラン。抹茶の苦味ですっと消えるあっさりした甘味。思い出しただけでヨダレ出るよ。

いい加減苦しくなってきたので、小布施の町から撤収。もう一ヶ所親戚のおうちにお邪魔し、帰路に着いた。いやー、それにしても長野の高速道路はトンネル多いなー。やっぱり山が多いんだね。トンネルの長さが4キロとかそんなのもあって、ちょっとくらくらしましたわ。←あぶねー


f0020008_157252.jpg←さて予約して買ったくりは奈です。なんとも言えない食感。見た目落雁風だけど、栗の裏ごしの少し水分が飛んだものをそっと固めたような、もちろんバターとか入ってるわけじゃないんで味は全然違うけど、噂のフィリピン菓子「ポルボロン」にちょっと似た、はかないやわらかさと言いましょうか。そしてほっくりとした栗の風味と上品な甘さ。9粒入り600円で小布施のお店じゃないと買えないそうです☆チャンスがあったらぜひお試しを!
[PR]
by Y-jou | 2006-07-04 15:08